佐藤小児科内科医院
インターネット受付
内科・小児科受付
小児科受付
ホーム
診療案内
クリニックについて
交通案内
アトピー患者用
アルバム
リンク
救急連絡先

イメージ

タミフルについて


 先日までワイドショーを賑わせていたタミフルですが、平成19年2月21日未明、厚生労働省から「10歳以上の未成年患者においては、因果関係は不明であるが、服用後に異常行動を発現し、転落などの事故の例が報告されている」「ハイリスク患者と判断される場合を除いて、原則として使用を差し控えること」との発表がありました。当院では、リン酸オセルタミビル(タミフル)のインフルエンザに対する非常に良好な高熱や症状の短縮効果と、テレビで言われているような精神症状はインフルエンザの高熱期に出現する特徴的なものでありタミフルとの因果関係は否定的であるということからインフルエンザ症例に対し積極的に使用しておりました。実際今期もタミフル投与前のインフルエンザ患者さんの異常行動も経験していました。現在一万例規模で行われている調査の結果公表は今年秋頃とのことでそこではっきりすると考えておりましたが、今回の厚生労働省による使用中止の緊急指示にあたり当院でも10歳から19歳までのインフルエンザ患者さんへのタミフル投与を中止することと致します。 当院では該当年齢以外の患者さんに対するタミフル投与は今後も続けさせていただくことに致しますが、メディアの影響は大きいため報道によってタミフルに対して不安の強い方には無理にはお勧めせず 代替療法を行っております。詳しくは院長までおたずね下さい。 尚、今まで通りタミフルの使用の有無にかかわらず発熱から2日間はインフルエンザに罹患した未成年患者は保護者の監視下に置くようにして下さい。インフルエンザ高熱期特有の精神症状により異常行動が見られる場合がありますのでご注意下さい。

参考記事
インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り

タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば

タミフル:「注意を」 厚労省が文書

10代へのタミフル処方中止 厚労省、異常行動続発で指示

 

Copyright Sato Clinic. All rights reserved.
このサイト内で何かお気づきの点のある方は こちらまでお知らせ下さい