佐藤小児科内科医院
インターネット受付
内科・小児科受付
小児科受付
ホーム
診療案内
クリニックについて
交通案内
アトピー患者用
アルバム
リンク
救急連絡先

イメージ
マイコプラズマ肺炎が流行しています


 今年初めより、例年に比べて マイコプラズマ感染症が増加傾向でした。マイコプラズマ肺炎は以前は4年に一回オリンピックの年に流行すると言われていましたが、最近はそのような流行パターンはとらずオリンピックと関係なしに大規模ではありませんが流行していました。1999年に比較的大きな流行がありましたが今年はそれに匹敵するくらいの患者発生数です。マイコプラズマに感染すると高率に熱発し、その後頑固な咳が続きます。成人だと一ヶ月以上続くこともあります。また、飛沫感染するので家族や濃厚接触者から感染されやすい特徴もあります。治療はマクロライド系の抗生剤を使用します。近くにすごい咳をして熱を出した方がいて、本人も咳や発熱が始まったら早めに医療機関を受診しましょう。

参考記事
◆ 2005.7.12 ヘルパンギーナが大きく増加、マイコプラズマ肺炎は1999年以来、最も高水準に:感染症週報第25週分から

 

Copyright Sato Clinic. All rights reserved.