新着情報News

お知らせ
咽頭結膜熱、水痘が流行しています
2006.04.18

 国立感染症研究所の感染症情報センターが4月14日に公表した2006年第13週(3月27日~4月2日)の感染症週報によると、咽頭結膜熱(夏季,プールを介して流行するものはプール熱の別名を持ちます)は過去10年で最大の流行になった2004年の同時期と比較してほぼ1.5倍の高水準になっているそうです。水痘も横ばいに推移していましたが、本週になって過去10年の最高値を上回りました。

 咽頭結膜熱は、今年に入って第2週を除き、過去10年の同時期の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)を上回る水準になっています。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は今年に入ってから、急激な増加が続いてきましたが、第10週をピークに急減しています。第13週も大きく減少しました。

 感染性胃腸炎は、前週に引き続き、今週も減少しました。例年に比べると平均的な水準になっています。

 水痘は第10週以降、横ばいに推移していましたが、第13週になって、過去10年の同時期を上回る水準になりました。

体に何か変調を来しましたらすぐにお知らせ下さい。